抜け毛にも種類がある!いますぐ抜け毛をチェック

1日100本は抜けると言われている髪の毛。それでも抜け毛に悩む人は多いのではないでしょうか。実は抜け毛の中にも、安心できる良い抜け毛と、ちょっと心配な悪い抜け毛があるのをご存知ですか?
今回は自分の抜け毛が良いのか悪いのか早速確認して見ましょう!

 

そもそも髪が抜ける原因って?

毛髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期が存在します。通常毛髪は5〜7年の成長期、約2週間の退行期、そして約3ヶ月の休止期を経て抜け落ちます。これは正常なヘアサイクルの流れで、この時抜けた髪の毛は全く問題のなり良い抜け毛です。抜けた後はまた新たな髪が生えています。

 

髪の毛は大体10万本程度生えており、休止期の状態の髪の毛は約10%だと言われています。休止期の期間である3ヶ月間の間に10万本の10%が抜けるということは、1日辺り約110本自然に抜ける計算になります。
そのため、1日100本程度の抜け毛は気にする必要がないのです。

 

しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、休止期に入る前に髪が抜けてしまう場合があります。これが悪い抜け毛であり、放置すると薄毛を招く要因にもなります。

 

自分の抜け毛は安心できるのか、実際に抜けた髪の毛をチェックすればわかります。ブラッシングやシャンプー、枕などについていた抜け毛を何本か取り、根本の形を確認していましょう。
虫眼鏡があると観察しやすくなります。

注目!育毛シャンプ― 女性
女性に人気の育毛シャンプーを口コミと一緒に紹介しています。

良い抜け毛の場合

正常なヘアサイクルののち抜けた髪の毛は良い抜け毛になります。毛根の部分がふっくらし、白い球状になっているものは棍棒のような形をもじって「棍毛」と呼ばれています。
ほとんどの抜け毛がこのような棍毛であれば、ヘアサイクルに乱れはないので問題ありません。

 

悪い抜け毛の場合

ヘアサイクルが乱れ、髪が成長しきる前に抜けた髪は悪い抜け毛になります。毛根の部分に白い付着物がついていたり、ひょろっと細かったりするのは悪い抜け毛の特徴です。

 

脂漏性脱毛症の抜け毛

頭皮の皮脂の分泌が過剰になったことで、脂が毛穴を防ぎ髪の成長を妨げてしまう脂漏性脱毛症は、毛根に白い付着物が付いていることが多いです。

 

フケが原因の抜け毛

頭皮が乾燥し、フケが発生した場合、フケが毛穴を防いで抜け毛の原因になります。こうした脱毛症を粃糠性脱毛症といい、毛根にもやしのような根っこが付いているのが特徴です。

 

びまん性脱毛症の抜け毛

頭髪全体が薄く透けた状態になるびまん性脱毛症の場合、毛根が膨らんでおらず、やせ細った形をしています。この状態の抜け毛が多く、髪全体が薄い場合はびまん性脱毛症の可能性があります。